使い方、成分情報

コンシダーマルの成分解説|成分から分かる、感動のうる肌が続く理由

コンシダーマルの成分解説|成分から分かる、感動のうる肌が続く理由

コンシダーマルは、知名度が高いため新規利用者が多いだけではなく、リピーターからも支持を得ている美肌ケア化粧品です。

コンシダーマルが人気を集めている理由の1つが、豊富な美容成分が配合されていることであるといえます。

そこで、コンシダーマルに配合されている主な成分と期待できる美肌効果について見ていきましょう。

コンシダーマルの成分解説

コンシダーマルには、スクワランやアミノ酸、ヒアルロン酸といった保湿成分が配合されており、肌本来の水分保持を促すことが特徴です。

また、化粧水やサプリメントなどで幅広く使用されている定番の美容成分プラセンタについても、2種類配合されています。

さらに、2種類のプラセンタに加えて「EGF」と呼ばれる成分が肌の老化を緩和させるため、うる肌を維持する効果が期待できるのです。

コンシダーマルのメイン成分解説

コンシダーマルの成分は、それぞれどのような成分であり、どのような働きがあるのでしょうか。

主な8つの成分について、詳しく解説します。

スクワラン

人間の皮脂膜を生成するために必要な成分です。

もともと皮脂に含まれており、肌の保湿や肌を柔らかい状態に維持する役割を果たします。
さらに、外部刺激から肌を守る機能を向上させるためにも重要な成分です。

アミノ酸

肌は年齢を重ねることで変化し、敏感肌や乾燥肌、エアコンによる空気の乾燥、紫外線や汗、皮脂などでダメージを受けます。

肌の変化や刺激によって、肌の表面にある角質の水分が減ることが特徴です。

加えて、保湿成分のアミノ酸も失われます。

アミノ酸とは、主にアラニン、セリン、グリシンであり、アミノ酸の成分を肌に塗布することによって角質だけではなく肌の奥まで浸透するため、肌をしっとりとした状態に保つ効果が期待できます。

ミネラル

ミネラルにはカルシウムやヨウ素、ナトリウムなど様々な種類がありますが、なかでも美肌ケアに必要なものが亜鉛です。

亜鉛は、肌や粘膜の健康をサポートする効果が期待できます。

亜鉛が不足することで肌がくすむ原因にもなるため、亜鉛を含めたミネラルは摂取したい成分です。

エラスチン

線維状の成分であるエラスチンはコラーゲンの結合をサポートする成分であり、タンパク質の一種です。

肌の真皮、じん帯や血管に存在しており、たるみやシワを予防する効果が期待できます。

そのため、肌のハリを維持するためにも取り入れたい成分です。

コラーゲン

コンシダーマルをはじめとする化粧品に含まれるコラーゲンは、肌に必要な水分量をサポートするための「保湿成分」に分類されることが特徴です。

どの化粧品に含まれるコラーゲンも、基本的に角質の潤い維持やハリを与える効果が期待できます。

ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸Naは、沢山の水分を保持する働きがある成分です。

もともと人間の体に存在している成分ですが、肌質や年齢を重ねることなどが原因で減少します。

他の保湿成分と比較しても水分の保持力が高く、肌の潤い維持に効果が期待できるものです。

プラセンタ

コンシダーマルに配合されているプラセンタは2種類です。

1つ目はマリンプラセンタと呼ばれる種類で、動物由来のプラセンタと比較してアミノ酸が豊富に含まれています。

2つ目が、プラセンタが持つ成長因子の量が豊富で肌への吸収力も高い発酵プラセンタです。

EGF

タンパク質の一種であるEGFは、肌の受容体と結合することで肌本来の細胞生成能力を向上させる効果が期待できます。

新陳代謝を促進することで、ダメージを受けて傷が付いた肌の治癒効果も期待できる成分です。
ノーベル賞も受賞した成分であり、様々な美容成分との相乗効果が注目されています。

まとめ

コンシダーマルには、定番の美容成分が多数配合されています。

特に注目したい成分は、2種類のプラセンタとEGFです。

プラセンタを配合している化粧品は多いですが、通常のプラセンタと比較して吸収力が高く含まれる因子の量も豊富なものにこだわっています。

ほかにも、肌の潤いやハリに効果が期待できる成分を中心に配合しており、年齢肌だけではなく乾燥肌が気になる人にも最適でしょう。