効果・口コミ情報

コンシダーマルに毒性や副作用などの危険性はない?安心して使える?

コンシダーマルに毒性や副作用などの危険性はない?安心して使える?

1本で6役もこなすオールインワン化粧水、コンシダーマル。

世界初の独自技術を採用したことでこれまでにないうるおいを実感できると評判です。

でもそこまでの機能を持つ化粧品なら、配合されている成分に疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

「もしかしたら毒性のある成分が、もしかしたら副作用や危険性の心配があるのでは…?」

そんな風に心配になることもありますよね。

コンシダーマルは安心して使うことができるのか、安全性について調べてみました。

ここにボックスタイトルを入力

・コンシダーマルに毒性はあるのか
・コンシダーマルに副作用の危険はあるのか

コンシダーマルに毒性や副作用などの危険はない!

結論から言うと、コンシダーマルに配合されている成分に毒性はありません!

さらに、副作用などの危険性もなさそうです。

配合されている成分は、肌を構成する成分にこだわって選ばれた美容成分や、肌をすこやかに保つための安心して使えるものばかりです。

コンシダーマルで副作用が起きない理由

コンシダーマルで副作用が起きない理由は、化粧品であってお薬(医薬品)ではないということです。

化粧品は薬事法により、劇的な作用を及ぼすような成分、つまり医薬品成分を配合することが禁じられています。

配合されるのは作用が穏やかな安全性の高い成分と決められていますから、化粧品であるコンシダーマルには副作用の心配は要らないというわけです。

コンシダーマルの成分にも毒性はない

コンシダーマルに配合されている成分について、ひとつひとつを調べても毒性の恐れはないことが分かりました。

配合されているメインの成分について、詳しく見ていきましょう。

スクワラン

動物性のものでは深海ザメの肝油から抽出され、植物性のものではオリーブ果実油などから抽出されます。

もともとヒトの皮脂中にも含まれている物質で、皮膚のうるおいを維持する作用があります。

皮膚への刺激性やアレルギー性はほとんどなく、安全性には問題のない成分とされています。

アミノ酸

天然保湿因子の中に含まれており、角層の水分保持作用があります。

ヒトの体内にも存在する成分であり、皮膚への刺激性やアレルギー性もほとんどなく、安全性には問題がないとされています。

ミネラル

天然保湿因子の中に含まれている、ナトリウムやカリウム、カルシウムなどです。

ヒトの体内にも存在し、安全性には問題がないとされています。

エラスチン

真皮を構成する成分で、肌にハリや弾力を与える作用があります。

皮膚への刺激性、アレルギー性はほとんどなく、安全性には問題がないとされています。

コラーゲン

真皮を構成し、水分保持やハリのある肌を維持する働きがあります。

皮膚への刺激性、アレルギー性、光毒性や光感作性などもほとんどなく、安全性には問題がないとされています。

ヒアルロン酸Na

真皮を構成する成分であり、わずか1gで6ℓもの水を保持するという驚きの保水性が特徴です。

ヒトの体内にも存在しており、皮膚への刺激性やアレルギー性はほとんどなく、安全性には問題がないとされています。

プラセンタ

主に豚の胎盤などから抽出された成分で、うるおいやハリ・ツヤを与えます。

化粧品に配合される場合、一般的に安全性には問題がない成分とされています。

EGF

ノーベル賞を受賞した成分で、上皮成長因子です。

皮膚細胞の代謝をアップし、みずみずしさを保つ働きが期待できます。

毒性や刺激性、アレルギーの報告もなく安全性の高い成分とされています。

このように、コンシダーマルの成分は安全性の高いものだということが分かりました。

まとめ

コンシダーマルは、配合されている成分・処方ともに毒性や副作用の心配がない化粧品です。

お薬ではなく安全性が高い成分のみで作られている化粧品であり、配合されている成分にも毒性や危険性の心配は見当たりません。

また、肌への刺激となるような添加物は不使用ですから、肌が敏感な人でもコンシダーマルは安心して使うことができますよ。