返品・解約方法、問い合わせ方法

大丈夫、コンシダーマルは解約できます!【解約・休止方法を解説】

大丈夫、コンシダーマルは解約できます!【解約・休止方法を解説】

コンシダーマルは定期便を利用するのがお得、利用しないのはもったいないといわれていますが、その一方で解約や休止ができないという噂もあるようです。

お得と見せかけてそんなワナがあるのなら、コンシダーマルの定期便を利用できませんよね。

コンシダーマルの定期便は、解約や休止ができないという噂は本当なのか、調べてみました。

コンシダーマルはちゃんと解約・休止できます

調べた結果、コンシダーマルはちゃんと解約や休止することができると分かりました。

解約できないというのは、ただの噂や勘違いからきていたようです。

解約や休止ができないと噂されるのは、他社の商品でそのようなトラブルに遭った人の話を耳にしていたり、実際に定期便を利用した人が契約内容を把握していなかったということも原因になっているようです。

公式サイトの定期便の案内にも、ちゃんと解約方法が掲載されているので安心してください。

解約できないと勘違いする原因

実際には解約可能なのに、なぜかできないと勘違いしてしまうのは、定期便についてその内容をしっかりと把握していなかったことが原因になるようです。

実はコンシダーマルの定期コースには2種類あり、これを混同してしまった人が勘違いしている可能性もあります。

コンシダーマルの定期コースは次の2つです。

スタンダード
回数の縛りがなく、1回のみの購入でもOKです。

つまり、2回目以降はいつでも解約することができます。

■プレミアム
スタンダードよりもお得な価格で購入することができますが、こちらは1回のみの購入ができず3回継続することが条件です。

4回目以降なら、いつでも解約することが可能です。

定期コース利用者で解約できないと焦ってしまった人は、おそらくプレミアムコースを申し込んで3ヶ月未満で解約しようとしたからではないでしょうか。

電話がつながらない!も勘違いです

コンシダーマルの定期コースを解約するために、電話をしたけれど繋がらなかった、解約したくてもできないという噂もあるようです。

しかし、これも勘違いである可能性が高いです。

定期コース利用者が実際に電話してみたところ、あっさり繋がってきちんと対応してくれたといいます。

繋がらなかったという人がいるのなら、それは受付時間外に電話したことが考えられます。

カスタマーセンターの電話受付は平日の10:00~18:00のみで、それ以外の時間や土日祝だと電話が繋がりません。

コンシダーマルの定期コースを解約・休止する手順

コンシダーマルの定期コースの解約・休止はどのようにすればよいのか、その手順について説明します。

定期コースの解約方法

・次回お届けの10日前までに電話で連絡する

・受付時間は平日の10:00~18:00

・電話はフリーダイヤルで、0120‐509‐900

定期コースの休止方法

・休止の申し込みはお問い合わせフォームから

・次回のお届けを遅らせることを伝える

・遅らせる期間は、1週間、2週間、3週間、1ヶ月の中から選ぶ

定期便を解約・休止する上での注意点

コンシダーマルの定期便は解約・休止とも可能だと分かりましたが、いくつか注意する点があります。

指定回数以上継続したかどうか確認

定期便のスタンダードコースなら継続回数に関わらず解約することができますが、プレミアムコースは3回以上の継続が条件で、解約できるのは4回目以降になります。

次回お届けの10日前であるか

定期便は発送する日が決まっており、その直前に解約や休止を申し込んでもすぐには対応できません。

コンシダーマルの定期便の場合、次回お届けの10日前までには連絡するようにします。

解約と休止の連絡方法の違い

解約の連絡をするのは電話、フリーダイヤルで申し込みますが、休止の場合は電話ではなくお問い合わせフォームから申し込みます。

まとめ

コンシダーマルの定期便は解約・休止ができないという噂は嘘でした。

実際には勘違いや思い込みがあったようで、定期便をずっと続けなければならないという心配はいりません。

お得で便利なコンシダーマルの定期便を申し込む際には、内容をちゃんと確認しておけば勘違いすることなく利用できますよ。

お問い合わせ...